独立してゼロからのスタート。プロの歌手が出会った、新規顧客の獲得方法

作田 麻美 様

今回インタビューしたのは、東京都でボーカルレッスンの講師をされている作田麻美さんです。プロの歌手として舞台に立つ傍ら、レッスン講師としての活動を開始。ゼロからの集客にチャレンジし、新規顧客獲得に成功しました。

導入前の課題

プロの歌手からレッスン講師として独立。初めてなので生徒はゼロ、集客方法もわからなかった。

Zehitomoの効果

レッスンを受けたい顧客とAIでマッチング。新しい出会いが増えて、集客に繋がった。

プロの歌手からレッスン講師に。集客の方法なんて、まったく知らなかった
ー Zehitomoを使うようになったきっかけを教えてください

声楽を始めたのは16歳の時。続けるうちにどんどん夢中になって、大学を卒業したと同時に、歌の勉強をするために海外へ行きました。その後、プロとして舞台で歌うようになり、やがて日本に帰国。歌手の仕事を続けていたのですが、やはり未来の世代を育てたいという思いが強くなりました。そこで、友人の勧めもあって、ボーカルレッスンに力を入れてみることに。

やってみようと思ったものの、集客の方法がまったくわからなかったので、『ボーカル、生徒募集』とか『ボーカル、講師』とか、ネットで検索しました。それで偶然見つけたのが、Zehitomoだったんです。そんなサービスの名前を初めて聞いたし、正直なところ怪しいなあというのが第一印象(笑)でも、とにかくやってみようと、登録したのが始まりです。

 

ー他にもいくつか集客サイトを使ってみたそうですが、いかがでしたか?

どれが良いかわからなかったので、Zehitomoの他にもいくつか集客サイトを使ってみました。ただ、ニーズに合ったものが見つからなかったんです。

例えば、成果報酬型の某サイト。登録時に面接があって、しっかりしているサービスだという印象がありました。だから集客にも期待していたんですね。でも蓋を開けてみれば、紹介数は月に数件。その割に成功報酬は約40パーセント、リピーターさんにも手数料がかかるので、ほとんど活用しませんでした。プランによって手数料の割合が変わるので、システムがわかりにくいのもネックでしたね。それに比べると、Zehitomoはとても使いやすい点が多かった。そこで、力を入れてみることにしました。

本気の人に出会えることが、マッチングサイトでは大切
36
「集客には費用はかかりますが、それは当然のこと。まず、出会うことから始まるって思っています。」
ーZehitomoで良いと感じるポイントはどこですか?

▽本気度の高いお客さんに出会える

コンスタントに依頼も入ってくるし、質の良いお客さんが多いと感じます。お客さんが依頼を出すタイミングで要望をヒアリングするから、ある程度本気の人だけふるいにかけられる、それが効果的なのかもしれません。

音楽教室の体験レッスンの相場は5,000円程度。一回あたりの金額が高いわけではないので、利益を出すには入会してもらうことや、リピートしてもらうことが必要になります。だから、本気度の高いお客さんと出会うことは大切です。正直なところ、体験にくるお客さんは1回きりで終わる可能性も高いです。その中から継続してくれるのは数人かもしれない。だけど、まずは出会わなければ始まりませんから。


▽AIによるマッチングでうまれる、新しい出会い

Zehitomoは、マッチする可能性の高いクライアントと自動で繋げてくれるので便利です。

ある集客サイトは、レッスンの予約可能日をカレンダーに入力する方式。日ごとに開催時間を細かく設定するのが大変でした。カレンダーを設定することで掲載順位が上位になるので、集客するには必須になります。やっぱり上位に上がらないとクリックしてもらえないんですよね。とはいえ、最終的にお客さんが選ぶのは、自分の条件に合うプロ。だから、それをAIで判断してマッチングできるZehitomoは、お互いにとっていいシステムだと思います。

あと、便利なのはスピードマッチ。自動提案システムが、レッスンをしている時にも集客してくれます。タイミングが合わずにお客さんと繋がる機会を逃してしまう、それは勿体無いですから。


▽圧倒的なコストパフォーマンス。わかりやすいシンプルな料金

1回の提案が500円前後なので、料金としては非常に安いと感じます。ボーカルレッスンの場合、1人の生徒さんを集客するのにかかる費用は平均で約9,000円と言われています。

レッスンのお月謝が1万円でも、10ヶ月の継続で10万円。だから、20人弱に提案して、体験してもらって、その中から数人続けてくれれば元が取れる。集客に費用がかかるのは当然だし、広告費のようなものだと考えています。また、事前にコインを購入して、そこから支払うシステムなので、金額が明確で安心ですよね。

オンラインレッスンだからできること。時代のニーズに合わせてサービスを提供する
013
「生徒さんと一体になった気持ちでレッスンしています」と語る作田さん。次の世代を育てることが、楽しくて仕方ないそう。
ーZehitomoでお客さんと繋がる。その時に心がけていること、教えてください

まずはスピードマッチで合いそうなクライアントと繋がりますよね。その後は、わかりやすい返信を心がけています。サイトで検索している人は、ある程度知識を持っているから、あまりダラダラ書いても心象がよくない。値段、場所、時間、など相手が欲しい情報をきちんと、できる限り早く届けることを心がけています。

メールが殺伐としないように、音符マークや絵文字などを最後につけて、気構えず返信いただけるように工夫もしています。「笑顔だよ」って伝えたい。

ー作田さんのレッスン、とても好評ですよね。秘訣はありますか

レッスンは毎回が全力投球。生徒さんと気持ちも一体になってレッスンしています。大切にしているのは、
声帯を傷ませない発声方法。

ストレス解消、歌が上手くなりたい、プロとして活躍したいというような様々な要望に応えます。

最近では小学生のレッスンも反響があります。オンラインで習えますし、
親御さんは教育費として考えてくださるので、継続率も良いです。何よりも「先生のレッスン受けられて良かった」と笑顔で言ってもらえるのがすごく嬉しい。
レッスンをしている醍醐味ですね。

ーコロナ禍の今、オンラインレッスンを考えられているプロの方もいると思います。アドバイスをいただけたら嬉しいです

ボーカルレッスンって、対面式じゃないとダメって思われているかもしれません。でも、オンラインでも大丈夫なんです。口の形に集中できるから、細かいところまで指導できるのは逆にメリット。

もちろん、空気の振動を直に感じられるスタジオもやっぱりいいです。スタジオレッスンでも、コロナ禍では、天井から床までビニールで仕切りを作ったりして、しっかり感染対策をして進めています。オンラインヨガも流行っているし、リモートワークも進んでいる。生徒さんの要望に応じて、オンラインレッスンも臨機応変にできると良いのかなって思います。

ー作田さんのこれから
のこと、教えてください

これからも、歌の素晴らしさを伝えたいし、ボーカルレッスンの仕事を続けていきたいです。プロになりたい人の応援もしていきたい。歌のレッスンって簡単に思われるかもしれないけど、体の構造とか息の向きとか一人一人違うから、指導するのはすごく難しいんです。

歌は自分の体を使って表現する、特別なもの。私自身、歌が上達するまですごく大変でした。成長する苦労は痛いほどわかるし、自分が遠回りした分、次の世代に生かしたいですね。私が教えられるありったけのことを伝えたいです。歌に捧げてきた人生が、そのまま仕事になって、それを他の人に伝えて、ありがとうと言われるのは本当に幸せ。


レッスンしてる生徒さんの中からスターが生まれる、そんな未来にワクワクしています。

各種セミナーのご案内
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ
他の成功事例を見る >