リピート率7割超え!Zehitomoで築き上げた、ゼロからのサクセスストーリー

石井 那津子様

今回インタビューしたのは、首都圏でドッグトレーナーとして活躍されている石井那津子さんです。会社員として働く傍ら、2020年にドッグトレーナーとしての活動を開始。活動開始とともにZehitomoへ登録され、現在はレッスンのリピート率7割超えという数字を上げています。その成功の秘訣について、お伺いしました。

DSC00705

導入前の課題

ドッグトレーナーとして活動を始めたいものの、人脈も集客のノウハウもない。お客様を獲得する方法がゼロだった。

Zehitomoの効果

ゼロからの集客に成功。お客様の7割以上がリピーターとなり、Zehitomoが集客の要となった。

2枚目ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになったきっかけは、愛犬の問題行動

私がドッグトレーナーになったのは、2年前に飼い始めたチワプーの問題行動がきっかけでした。その子と出会ったのは、生後2ヶ月のとき。最初は、特に目立って吠えたり噛んだりということはありませんでした。

ただ、6ヶ月目から他の犬に対してものすごい吠えたり、歯磨きをしようとすると噛んだりするようになり始めて。実は小学生のとき飼っていた犬も、同じように噛み癖がひどかったんですよね。そのときは子供だったこともあり、問題行動を改善するなんて発想はありませんでした。でも、新たに迎え入れた子も問題行動が出てきたことから、「もしかしたら私の飼い方がおかしいのかな?」と考えるようになったんです。そこで、まずしつけ教室に通ってみようと思いました。

ですが、当時通える範囲のしつけ教室はどこも満席で、数ヶ月待ちという状態。そんなに待てないと思っていたとき、犬のしつけ方を学びながらドッグトレーナーの資格も取れるという学校を偶然見つけたんです。その学校の良かったポイントは、海外のトレーナー資格が取れること。海外の褒めて伸ばすというトレーニング方法が理想だったのと、私自身、将来的には海外に住みたいと思っていたんです。なのでその学校に通い、資格を取ってドッグトレーナーとしての活動を始めようと決めました。

※チワプー…チワワとトイプードルのミックス犬

 

 

ゼロからのスタートで、集客は手探り状態。そんな時、Zehitomoを見つけた

資格を取ったはいいものの、そこからドッグトレーナーとしてどう活動したらいいかが全くわかりませんでした。その学校は卒業後、特に集客のサポートを受けられるわけではなかったんです。とにかくトレーナーとしての経験値が必要ですし、まずはお客様を集めようと色々な集客方法を調べていました。

ただ、なかなか自分に合う方法は見つからなかったです。例えば自分のホームページを作るにしても、それを上位に表示させるのは大変。また、他の集客サービスだとお客様と直接やり取りするのが禁止されていたり、お金のやり取りもサイトを通さないといけなかったりして、まどろっこしかったんですよね。何かいい方法はないかな、と模索していました。

そんな時、たまたまインターネットでZehitomoを見つけたんです。見てみたところ、Zehitomoは最初にコインを払ってしまえば、お客様とのやり取りが完全に自由。このスタイルが私に合っていると思って、Zehitomoで本格的に集客をスタートすることにしました。

 

DSC00623

リピート率は7割以上。Zehitomoで、ドッグトレーナーとしてのスタイルを確立できた

Zehitomoを始めて一番メリットと感じたのは、発信力がついたことですね。横浜や東京のような首都圏って、経験豊富なトレーナーがたくさんいらっしゃいます。なので、「ドッグトレーナーを始めました」と私がアピールしても、多くのトレーナーの中に淘汰されてしまう。そんな時、Zehitomoを通して私という存在を発信することができ、お客様と出会えるようになったのは本当に良かったです。

新規のお客様と出会えるだけでなく、そこからリピーターになってくださる方も多いですね。レッスンを半年継続してくださる方は、だいたい7割から8割くらい。Zehitomoが、私の集客における要となりました。

それと、コストパフォーマンスの面も良いと感じています。ドッグトレーナーの場合、1回お客様とマッチングするのに必要なのは約500円。その後はいくらやり取りをしてレッスンを継続していただいても、追加の料金はかかりません。トレーニングは長期にわたって実施するものなので、その部分を考えると元が取りやすいサービスだと思います。

​​※マッチングに必要なコイン数は職種によって異なります

▽プロフィールを充実させる

Zehitomoでは、サイト上のやり取りはもちろん、電話やLINEなどのやり取りも一切制限がないですよね。「どんな首輪にしたらいいか分からない」「どんなフードをあげたらいいか分からない」といった何気ない質問も、気軽にやり取りしやすいんです。フレキシブルにコミュニケーションを取れることで、お客様との関係性が構築しやすく、リピート率の向上にもつながったのではないでしょうか。

特に助かったのは、グループレッスンを企画するときですね。何名かのお客様とその飼い犬でレッスンを行うのですが、活動を始めたばかりということもあり、最初のうちは形がまだ決まっていなかったんです。そんな時もお客様と細かくやり取りしながら一緒にコンテンツを作っていけたのは、Zehitomoの自由度があったからこそだと思います。

 

▽スピードマッチで、忙しいときも自動でマッチング&提案ができる

スピードマッチのシステムは、便利だと感じています。サイトに張り付いて新着案件をチェックしなくても、自動でお客様とマッチングできる。わざわざ時間を取らなくてもいいんですよね。その上、マッチングした後も自動で提案のメッセージが送られます。お客様を待たせることなく、即座に自分のサービスについて伝えられるのも便利なポイントではないでしょうか。

 

ミスマッチを防ぐコツは、プロフィールの見せ方を工夫すること

最初は、プロフィールをすごくシンプルに書いていたんです。そうしたら、お客様が私のことを犬の訓練士だと勘違いしてしまうことが時々起こったんですよね。私のレッスンは、生活環境の改善やトレーニング、しつけ方法を飼い主に対して指導するスタイル。お客様から犬を預かり、しつけを行なって自宅に帰す、というスタイルではないんです。

そこで、プロフィールの見せ方を変えるようにしました。レッスンスタイルや、飼い主の方にも行動を変えてもらう必要があることを丁寧に書くようにしたんです。そうするとミスマッチがなくなって、私のレッスンを必要としてくださるお客様のみと出会えるようになっていきました。

 

1日のスケジュール

石井さんスケジュール文字おおきく

普段は会社員として勤めていて、休日にドッグトレーナーの仕事をしています。ドッグトレーナーとして仕事をする日は、基本的にレッスンと移動の繰り返しですね。お客様のご自宅へ伺う個別トレーニングと、月に1回程度行なっているグループレッスンの2つがあります。

1日の中で、Zehitomoのサイトを見るためにそこまで時間は取っていません。移動の合間にサイトをチェックして、お客様からメッセージが来ていたら返すという形です。トレーニング中で手が離せないときにお客様とマッチングしても、自動でメッセージが送られるので助かりますね。

4枚目ドッグトレーナー

「犬と飼い主が自由に楽しく暮らす」そんなゴールまで、サポートしていきたい

今後の目標として、まず問題行動は予防できることをもっと周知していきたいです。実は、噛みつきや吠えといった問題行動って、生後2ヶ月から3ヶ月のうちにしつけと社会化を徹底することで防げるんですよ。ただ、そのやり方を飼い主の方には十分に情報として届いていません。この現状はペット業界の課題だと思っているので、改善していきたいです。

それから、犬と飼い主の方が一緒に楽しめるようなアクティビティも企画したいと考えています。今私が携わっているのは、問題行動の修正。そこに留まらず、問題行動が改善された先の「犬が犬らしく飼い主と自由に楽しく暮らす」というゴールまで関われたらいいなって思います。例えば、ドッグサップ。ボードの上に犬と飼い主が乗り、水上を移動するアクティビティで、すごく楽しいんですよ。プードルは水辺で狩りをする犬種なので、うちのチワプーも大好きです。いつか、お客様と一緒に犬らしい能力を活かしながらアクティビティを楽しめたらいいですね。

私が指導しているしつけ方法は、決して犬の生活を縛るものではありません。人間社会のルールも教えつつ、一方で犬も犬らしい生活の自由を持つというアニマルウェルフェアの考え方のもと、トレーニングしています。マテができれば一緒にレストランへ行けますし、吠えなくなったら電車に乗って旅行にも行ける。犬のQOLと人間のQOL、どちらもバランスよく高めていくことを大切に、トレーニングを続けていきたいです。

 

Zehitomoを始めようか悩んでいる方へ

自分のことを全く知らない方と出会える楽しみを、Zehitomoでは味わえます。自分の力だけでは届かなかったような方にも自分の声を届けられて、存在を知ってもらえる。かつ、そこからお客様になっていただいて、より犬との生活を良くするためにお手伝いできるのが、私の大きな喜びになっているんです。

Zehitomoのいいところは、集客力。集客が今一つうまくいかずに悩んでいるという方や、これから何か新しい事業を始めたいという方にぴったりのサービスではないでしょうか。

お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ
他の成功事例を見る >