はじめてのオンライン集客。
3ヶ月で売上を約2.5倍にした、その秘訣とは

株式会社 ブロカレジ

須藤 健一郎 様

今回インタビューしたのは、神奈川県でリフォーム事業を営む、須藤健一郎さんです。2020年の6月からZehitomoで掲載を始め、わずか3ヶ月で売上は約2.5倍に急成長。その成功の秘訣を伺いました。

039のコピー

導入前の課題

集客はほぼ口コミや紹介のアナログ。新規の獲得方法がわからなかった。それに伴い、売上も低迷。

Zehitomoの効果

オンライン集客を導入し、新しい層の顧客を獲得。オンラインへの苦手意識もなくなり、一人で運用ができるようになった。

オンラインサイトなんて信用できないと思ってた。Zehitomoというパートナーとの出会い
ー Zehitomoを使うようになったきっかけを教えてください

2020年の6月からZehitomoを使い始めました。結構最近なんですよ。

今までの集客方法は、元請けからの紹介や近所の繋がり、リピーターのお客さまが中心だったんです。それで十分だと思っていたのですが、今年の春に売上が大きく減少。このままではいけないと、新規のお客さまの集客に力を入れることにしました。

チラシや飛び込み営業は効率が悪いと思ったので、まずはじめたのが自社ホームページで集客することです。だけど、ホームページってGoogleなどで検索結果の上位に出ないと見られない。そのためにはSEO対策をしなければならないし、やるとしても年間で100万円以上はかかってくるので費用対効果も良くない。別の方法を考えなくてはと困っていました。

そんな時、SNSでZehitomoの広告を見かけたんです。内容を見てみると、僕たちのような事業者と、案件を依頼するお客さまをマッチングしてくれるサービスで、これは面白いと思いました。独立する前は自分で営業もやっていたので、一から集客する難しさはよく知っている。だからこそ、まずは顧客と繋がるきっかけが欲しかったんです。

わずか3ヶ月で成果が見える、オンラインのスピード感
075
「営業マンを雇うようなイメージかもしれません。日中は作業に集中できるから、一人でもうまく運用できるのがいいですね。」
ー 新規のお客さまの割合は増えましたか?

今まではリピーターのお客様がほとんどでした。今のお客さまの割合は、Zehitomoからのお客さまが6割、下請け経由で1割、リピーターやその他で3割程度の比率です。

売上でいうと、月に約80万円だったのが、今月は約200万円。昨年の同じ時期に比べたら、約2倍になりました。Zehitomoをはじめて3ヶ月ですが、すでに目に見えて成果が出ているので驚いています。

たとえ一回の施工でも、口コミを書いてもらったり、お客さまを更に紹介していただいたり、どんどん広がります。やっぱり新規のお客さまの効果はすごい。今日もね、Zehitomoでマッチングしたお客さんと打ち合わせなんですよ。
▽ 集客の機会を逃さない。自動応募機能で即決対応可能

僕もまだまだこれからだと思いますが(笑)成功の秘訣は、いかに早くお客さまにアプローチするか、だと思います。

Zehitomoでの集客は自分一人でやっているので、自動応募機能(スピードマッチ)を活用しています。日中は現場に集中しているので、ずっと依頼が来るか見ているわけにもいかない。スピードマッチなら、依頼に対し返信を自動送信できます。Zehitomoはお客さんが申し込んだばかりの、一番ホットな時に紹介してくれるから、温度感は高いと思うんですよね。そこに対してアプローチするから、効率がいい。

夜はお客さまからお問い合わせが来ていたら、できる限り早い返信をする、このフォローアップを忘れないのも大切です。

 まあ、営業マンを雇うようなイメージですよね。一人雇ったら、その給料ってだいたい月に25万円位はかかるじゃないですか。だけど、毎月どれだけの仕事を持って来られるかわからない。Zehitomoは安定して、毎月案件を送ってくれるから、一人の営業を雇うならZehitomoに登録しておいた方が対費用効果がいいって思いますよ。
▽ 料金は約500円から。応募課金型で、あっという間に元が取れる

Zehitomoは料金設定がすごく良心的だと思います。リフォームなら、案件規模にもよるけど1,000円〜3,000円くらいの紹介料が多いかな。、かかる費用は、初回お客さまに連絡をとる時だけなのもとてもいいですよね。

ウェブサイトへの掲載は無料で、先に応募用のZコインを購入するだけ。

他社さんの料金を見ると、手数料が報酬のが30%だったり、基本使用料が3万円だったり、意外と費用がかさむんです。僕たちもその金額を工事料金に上乗せしないと利益がでないから、実際の適正な価格で提供できない。もう、小さな部品交換で数万円とか、そんなことになるわけですよ。

僕はお客さまを喜ばせる仕事をしたいのに、それじゃあ信念とずれてしまうから、そういったサービスは使いたくなかった。

素早く誠意を持って対応するのは何事でも基本。これはもう、オフラインでもオンラインでも同じですね。100万円のリフォーム案件に15コインくらいで応募して、10回で1件でも成約すれば、完全に元が取れる。これってすごいことだと思いませんか?しっかりやれば結果はついてくる、それがZehitomoだと思います。
▽ サポート体制万全。オンライン集客がはじめてでも大丈夫

やってみたら意外と簡単でした。スマートフォンでもパソコンでも、サクサクと使えるからとても便利。オンラインに抵抗がある人は、Zehitomoのサポートをうまく使うのがいいと思いますよ。慣れていない人ほど、サポートを活用したらいい。 

僕がまさにそうで、プロフィール欄を作るのでさえ、わからなかったんです。その時、営業担当の芦田さんに聞いたら、一から丁寧に教えてくれました。メールのテンプレートも、大きなリフォーム案件ならこれ、塗装案件ならこれ、と使い分けています。定期的に、マーケティングレポートが送られてきて、成果を振り返る機会もあります。自分が送ったメッセージに対し、どれだけ集客ができているのか、具体的に数字で見れるのはいいですね。

やりたいゴールを伝えると、親身になってさまざまな提案をしてくれる、一緒に成功する方法を考える、そんな姿勢が良かったです。ただ単にサービスを使うというよりも、パートナーとしてやっていけるな、そう思いました。

お客様が喜ぶ顔が嬉しい。その夢を後押ししてくれるのが、Zehitomoのサービス
024
「困っている人の課題を解決したい」そう語る須藤さん。 インタビュー中にも、近所の人から「今度排水溝を見てくれる?」なんて声をかけられたりと、地元での信頼の高さが伺えます。
ー 須藤さんのこれからのこと、教えてください。

もっと大きく事業を広げていきたいです。僕たちみたいに小さな工務店が成長するには、お客さまの意見をしっかり聞いて、地道に応えていく必要があると思っています。この世界に入ってからいつの間にか、お客さまの喜ぶ姿をみるのが生きがいになっています。困っているお客さまの課題を解決したい。助けになりたい。

最近では、外国人のお客さんも対応しています。まわりで対応している事業者も少ないし、新しいチャレンジですね。住み慣れない国で住居のトラブルがあったら、すごく不安でしょうから。Zehitomoで翻訳ができたら、また新しい客層に広がってくるかもしれませんね。僕の夢を叶える、後押しをしてくれるのがZehitomoのサービスです。大げさじゃなく『出会って本当に良かった』なぁって。僕はZehitomoのことをパートナーだと思ってるから、フィードバックもしていきますよ(笑)

これからもよろしくお願いしますね。

各種セミナーのご案内
お電話でのお問い合わせ
お問い合わせ
他の成功事例を見る >